Jinseki Summer School 2019

多様性の中に生きる力を。
好奇心を解放する夏。
英語で過ごすサマーキャンプ。

introduction

昨年大好評をいただいた「神石サマースクール」が、今年も開校されます。
年長~小学校6年生を対象に、大自然の開放的な空間の中、人気の「東京インターナショナルスクールグループ」のプログラムを英語で学びつつ、スポーツ界のトップアスリートと一緒に体を動かしたり、満天の星空を満喫するなど、感受性豊かな小学生が一回りも二回りも成長する、素敵なアクティビティを多数ご用意して皆さまをお待ちしています。
今年の夏休みは、神石高原で素敵な体験をしてくださいね。

Jinseki Summer School 2018開催レポート

Jinseki Summer School 2018

OVERVIEW概要

開催期間 2019年7月21日(日)~8月3日(土)
開催場所 神石インターナショナルスクール予定地(広島県神石郡神石高原町時安5090)および周辺
※広島空港もしくは、JR 福山駅から無料送迎有り
対象年齢 5歳~12歳(年長~小学校6年生)
募集人数 40人(最小催行人数 20人)
費用 40万円(税別)
主催 株式会社 次世代教育環境開発
後援 神石高原町、神石高原ホテル
協力 (株)東京インターナショナルスクールグループ(株)海外教育コンルタンツ
一般財団法人UNITEDSPORTS FOUNDATION(ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション)

サマースクール2019の
パンフレットはこちら

ダウンロード

サマースクールのお申し込みはこちら

お申し込みフォーム

その他のお問い合わせはこちら

SCHEDULEスケジュール

PROGRAMプログラム

  • アカデミックプログラム

    アカデミックプログラム
    (英語ネイティブ向け)

    このアカデミックプログラムは、世界基準のプライマリー・カリキュラム(幼~小学生向け)に準じて提供されます。
    子供達は、一つのプロジェクトを通じて歴史、地理、数学、科学、芸術、PSHEと国際理解を学び、サマースクール終了時には、共同作業で進めるプロジェクトを成し遂げられたことへの達成感を感じられます。
    本プログラムの講師には、スイスの全寮制小学校の先生をお呼びして、運営いたします。

  • 英語学習

    英語プログラム

    英語学習

    東京インターナショナルスクールアフタースクールのサマープログラムは、様々なテーマを英語で学びます。子供達は、設定されたテーマについて、多角的に探究していきます。

    各テーマには、本質的な問い(Core Question)が設定されており、子どもたちは教師に導かれながらその問いに対する答えを探し求め、表現するプロセスの中で、自ら考える力や表現力、他者を思いやる気持ち、挑戦する力といった、グローバル時代に活躍するために必要な力を身につけていきます。
    また、全ての授業は英語になります。最初は英語が全くわからなくても、子どもたちの好奇心を引き出す「探究型カリキュラム」の力によって、子どもたちは着実に英語力とグローバル・スキルを身につけていきます。

  • スポーツアクティビティ

    スポーツアクティビティ

    スポーツアクティビティ

    本年のスポーツ・アクティビティは「One World. One Team.」をメッセージとし、

    スポーツ振興とスポーツの魅力をグローバルな視点で伝える活動をおこなっている「一般財団法人UNITEDSPORTS FOUNDATION(ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション)」様と共に、スポーツを通じて仲間たちと力を合わせる一体感や感動、チャレンジすることの楽しさなどを目的にしたプログラムを提供します。
    元日本代表クラスのトップアスリートの直接指導を受けることができますので、スポーツが初心者でも安心して楽しむことができるプログラムを提供します。

  • 五感を育む様々アクティビティ

    五感を育む
    様々なアクティビティ

    数多くの日本神話の舞台となった中国山地に位置する神石高原は、四季折々の美しい山並みや美しい滝や川を身近に感じることのできる、豊かな自然に囲まれた美しい場所です。

    高原野菜の生産や牧畜など大地の恵と、瀬戸内海からの海の恵で、子供の成長にふさわしい、安心・安全な食環境も整っています。
    子どもたちに天体観測や地域由来の文化体験などを企画しています。

スケジュール

※プログラムの内容は変更になることがあります。

Jinseki Summer School 2018

昨年のサマースクールの模様はこちら

ADVISORSアドバイザー

Mr. John Baugh
Mr. John Baughオックスフォード ドラゴンスクール 前校長

Solefield School, Sevenoaks (1986-1997), Edge Grove, Herts. (1997-2002) を経て、2002-2017英国オックスフォード・ドラゴンスクールの校長を務める。
St. Andrew’s School, Turi, Kenyaにてエグゼクティブダイレクター(現職)、The Independent Preparatory Schools Association(IAPS)でEducation Committee委員長(現職)、The UK Boarding Schools’ Association会長(現職)、また英国インディペンデントスクール審査会(ISI)の調査にも関わっている。

Mr. Michael Rob Gray
Mr. Michael Rob Grayル・ロゼ学院校長

英国ケンブリッジ大学卒業(トリニティカレッジ英語学専攻後芸術学部にて短期間勤務)。フランス、スペイン、英国、ベルギーの小学校や大学にて教師および校長として勤務した後、2002年、ル・ロゼ学院の校長として迎えられる。以降16年間、IBプログラムを推進しつつ、いくつかの国際教育機関にも関わり、多くの論文を出版・国際学会に発表。スイスのザーネンにあるJFKインターナショナルスクールの理事も務め、国際教育グループのコンサルタント業務も行っている。

自身も母国語は英語、フランス語、スペイン語を流暢に話すが、ル・ロゼ学院を巣立った二人の子供たちもトリリンガルになっている。

VOICE参加者の声

  • 夜のイベントが楽しかった。
    夜のイベントが楽しかった。
  • 走るのが速くなった。オリンピック選手の筋肉がすごい。
    走るのが速くなった。
    オリンピック選手の筋肉がすごい。
  • 英語を習って英語を覚えられた。
    英語を習って英語を覚えられた。
  • いろんな友達ができて英語が話せるようになった。
    いろんな友達ができて
    英語が話せるようになった。

保護者コメント

  • 今回のサマースクール 子供にとって非常に良い経験となった様で、
    1回りも2回りも大きくなって帰って来た様に思います。
  • こんな貴重な経験、私はさせてやる事ができないので、本当に感謝してます。
  • 2週間たった今なお、サマースクールの思い出や習ったこと、
    お友達のことを楽しそうに話してくれます。
  • 子供達が予想を上回る程、逞しく成長していて、
    思わず目頭が熱くなりました。
  • 子供に「どうだった?」と確認したところ、
    「すごく楽しかった」毎年行きたいと話してくれました。

サマースクールのお申し込みはこちら

お申し込みフォーム

その他のお問い合わせはこちら